安全管理

社内の出張情報を包括的に管理

出張者個人がそれぞれの方法で各種手配を行なっている場合には、全社の出張者が現在どこに渡航していて、どのようなスケジュールで行動するのかを把握することは難しくなってしまいます。

しかし、多くの企業ではそのような状況のまま、出張を繰り返しているというのが現状です。それらは有事の際に、出張者の安否確認が困難になり、リスクが膨れ上がっていくことへも繋がります。

のシステムを利用して出張手配を行なうことで、全社単位での出張データを統括することが出来ます。出張者の渡航先、宿泊場所などがオンラインで一元管理することができ、リアルタイムでの出張者状況を把握出来ることはもちろんのこと、有事の際のリスクマネジメントや内部統制への不安も無くなります。

安全配慮義務

企業には、従業員が安全に業務を遂行するための安全配慮義務が存在しています。

安全配慮義務は労働契約法にて「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」と明確に規定されています。

有事の際に企業側は、予見できた可能性があったか、回避できた可能性があったかを深く問われることになります。これらの安全配慮義務を怠ったことによる影響は、会社内部業務への悪影響に留まらず、訴訟問題に発展するケースや、社会的な信用問題を問われることにも繋がり、経営不振等のきっかけになる可能性すら考えられます。

海外への出張が増加している今、考えられるリスクは多様化し、遭遇リスクも高まっています。それらに備えて出張に関する情報を的確に管理する必要があります。

海外出張時のリスク

経済のグローバル化に伴い、グローバル展開をする企業は年々増加し、さらに出張渡航先も世界中に拡散しています。それに応じて、考えられるリスクも多様化、巨大化しています。

企業側は海外へと出張者を送り出す立場として、考えられるリスクが日本国内のそれとは大きく異なることや、渡航先の治安や衛生面など把握しておくべきことは数多くあります。

世界各地に訪れる中でテロや暴動、自然災害、感染症など、海外出張者が訪問先で想定外の事態に遭遇するリスクは計り知れません。
もし有事が発生した際に企業側は雇用者の安全を確保するための適切な行動がとれるよう準備していたのか、を問われる可能性があります。あらゆるリスクを想定しておき、従業員に少しでも安心で安全な仕事環境を提供する必要があります。