コスト削減

管理コストの低減

精算業務では全従業員の宿泊や移動にかかった費用を全てチェックし、整合性を確認しながら精算しなければならず、管理側の負担となっています。

また、出張者が個別で各種手配を行い、立替精算などを行っている場合は、さらに経理の手間も増えていきます。

ではシステムによって出張データを管理することで、管理コストの低減につながります。精算方法では法人一括精算であるため、社内の経理手続も簡素化することが可能になり、精算業務の効率化を測ることが出来ます。

経費申請の効率

出張に関する各種手配を行うために出張者が自ら手配を行う場合、1手配あたり30分〜1時間の時間を要すると言われています。
それらの時間は何の価値を生み出すことなく、ただ消費されていきます。

また、傾向的に日本企業では企業内に出張を専門的に管理する人材を配置することが多くありません。そのため、出張者が自ら手配を行うという環境が抜本的に解決されることは難しいでしょう。

では、前述の通り、手配料金の請求は法人一括請求であるため、仮払いや事後精算など手続きの手間を省くことが出来ます。
また、出張者による多額な立替も必要なく、出張者は希望手配を申し込むのみで出張に関する諸手続きが完了します。手配が簡略化するため、手配に要する時間は大きく削減され、価値ある業務に時間を割くことが可能になります。

旅費規程の準拠

は各種手配を会社規定に沿った適正価格での購入に対応しています。

出張旅費規程は精算の手間が軽減でき、節税効果があると言われ多くの企業が作成しています。
出張旅費規程は企業内の従業員すべてに適用されるべきものであり、存在自体を周知させ、遵守される必要があります。

そこで、を用いることで、自ずと旅費規程の準拠を促進することが出来ます。

お問い合わせはこちら